昨日の稽古中

昨日の少年部の稽古中、新道場の貸主(大家さん)が稽古を見に来た。道路っ傍に道場があるため、電気がついてて稽古しているのが分かるので見に来たという。彼女の考え方は自分が使わないものでも他の人なら有効活用できるかもしれないという考え方だ。物を大事にするいい方法だ。本人もまさかこんなに道場っぽくできるとは思ってもみなかったようで誇らしげだった。建物自体が古いから壊そうとも考えたが、壊すのもお金がかかるので見合わせてたらしい。何年道場として使えるかはわからないが、大事に使おうと思っている。二間あるので一つは武道系、もう一つは格闘技ジム系の道場と分けて使っている。最初、俺がまだ若かったころだが、近所の子供に空手を教えてほしいと頼まれ、道場を持つ身分でもないと考えていたから、クラブ(愛好会)くらいのつもりで教え始まった。大会にも出場させてなかったころで、道場らしいところなんかなかったから、親戚の農業の作業場を借りてのスタートだった。床なんかないから靴を履いての練習。冬はもろ寒さがしみる。ネコみてぇにでかいネズミがうろつててたりする。いや、大げさじゃないぞ。看板も出さなかったから生徒はすべて口コミのみ。友人にバカにされながらやってたなぁ。今では友人の一部がこの変わりようが気に食わないのか、うらやましいのかわからないが、短期間で柔道初段を取って、空手には負けないとか何とか言っている人間がいるが…。全然かまわないようにしている。負けたくないなら自分で柔道を教えるなりすればいいことで、段を取ったことで練習もやらなくなった人は武道家とは見ていない。俺は新道場で練習しっかりやるぜ。といっても道場で無理しすぎて腰が痛くなっちゃったが。今年は無理しないようにと思ってたが、このバカな性格は治らない。

娘の空手

長女には木刀を振らせているが、その稽古のせいか、組手をやっても軸がぶれない。しっかりしてきている。次女の臨はまだ何をやってるかわからないけど、前よりはしっかりやっている。積極的に突きを出すようになってきた。練習やりたくないとは一言も言わない。めんどくさいとは思うだろうけどさ。純帆は絶対強くなると言っていた。性格はのほほんとしているが。大きくなったらウルトラマンの代わりに闘ってほしいねぇ(笑)。臨は強くなれるかな?性格的にはいいものを持っている。一番になりたい感じだ。あ、こいつは怪獣の方か。だから姉妹でケンカするんだな。祖父も祖母も空手を見たいと言ってるが、人前では絶対やらないんだよ。

新道場

今日が初めて道場生が新道場を使う日だ。狭いようで広い、広いようで狭い感じだったなぁ。初めて見た父兄は「うわ、道場っぽい!」が第一声だったな。昨日まで道場にマットを敷くことは考えてなかったんだが、俺の親父が古いマットを持ってきてくれたので、急きょ、足りない分のマットを敷くことになった。でもよかったよ。マットがないと足はめちゃくちゃ冷たい。コンクリートだからな。稽古していれば忘れると考えていたけど、いまどき風に考えることにした。やってみて、なんとなく場所になれなくて、組手が今一つだった生徒もいたが、やりやすいという生徒もいた。今までは床は板張りだったから、つま先で踏ん張っても悠々と動けるものだが、マットだとすべるみたいね。俺も最初はすべることに違和感を感じた。でも、本当の空手はつま先で踏ん張ることはない。現代剣道なんかモロ、つま先だけど、宮本武蔵はかかとに重心を掛けると言っていた。石ころが転がっているかもしれないんだもん。でも、そうすると滑らないんだよ。動きにも無駄がなくなるしさ。マットを敷いたことによって動きが悪くなった人には最初は大変だけど、慣れればかえっていい動きが見込まれる。まぁ、小さい子で寒いなんて言っていた子がいた。始まる前だったけどさ。それは今までが良すぎだね。道場なんてもともと快適さを求める場所じゃないからさ。たいていの道場は常設道場が持てないんだからさ。公共施設を借りてやってるんだもん。そうしたら暖房設備はゼロだ。うちと比べたら半端ない寒さだ。ぜいたくは言えない。言っちゃいけねょな。

f:id:junwakai:20180113223008j:plain

f:id:junwakai:20180113223041j:plain

入門希望者

格闘技ジムの方に16歳の少年が体験してみたいと電話があった。最近の若者にもいたんだね。格闘技好きな子が。大みそかにテレビ見たんだろうか。ジム入門希望者は大体が一般男性だ。尤も男子は草食系が多くて、自分自ら格闘技をやりたいと言ってくる人は少ないが。最近は女子の格闘家が活躍してるからねぇ。元気な女子も見てみたい気がするが。とにかく続けてほしいねぇ。簡単に強くなる方法なんてないんだからさ。明日体験に来るそうだ。たまに元気な野郎が入門してくるが、エネルギー全開で頑張ってほしい。

道場の少年部にも6歳の子が興味があるという事で体験したいと電話があった。これまた注意されるとあっという間に去っていく子が多い時代だ。父兄がしっかりしていることを望むね。子供は誰だってさぼりたいし、注意なんかされたくないもんだ。だけど、こっちだって見込みのない奴に注意なんかしないぞ。子供に辛抱させない親が多いから、そこはがっかりだ。どの世界だって辛抱なくしてやっていけるところなんてないんだからさ。スイミングスクールで仕事をしたことがあるけど、上から親が見てるから、それを気にして指導しろという。それで精神面が育つわけもないが、それで習う子が多い。父兄も精神面を伸ばしてほしいという割には辛抱させないんだから、父兄が一番空手をやった方がいいと思ったりもするよ(笑)。

まだ道場に慣れない子

道場にはなれていてるかもしれないけど、まだ小学1年。空手をやめたいと言ってきた。母親は最後までやらせるつもりでいるが。まぁ、正月明けだもん、いつまでも休みボケしていたいのも分かる。そんな時稽古をすると強くなるんだよ。自分の弱さを乗り越えるんだからさ。理由は「できなかったとき怒られるから」という。できるできないじゃない。俺が怒るときは頑張ってるか頑張ってないかだ。他の道場生にもいじめを克服した子がいる。今では「ひまなやつだなぁ」くらいにしか思ってないみたいだが。精神面。これがしっかりしてくればいうことないんだがなぁ。尤も1年生ではまだだろうな。でもこういう子がほんとに強くなった例はいくつも見ているよ。人間には学習能力があるから。頭だけじゃなく体もね。怖いのも怖いと思わなくなる。最近の親は子供に辛抱させるという事が欠けているからなぁ。でも、中途半端に辞めちゃうと後悔してしまう。そんな例もいくつか見てきている。うちの娘は最初は言ってたよ。「今日は休みたい」とかさ。今は全く言わない。次女の臨は意外にも全く言わなかったな。始める前はおっくうだもんな。仕事だってそうだろうけど、それを乗り越える力を養うのにも道場はいい。精神面、強くなるための一歩だ。頑張ってほしいね。

星野仙一監督死去

あんなにいい監督はなかないねぇぞ。プライベート知ってるわけじゃないけどさ。選手のためにあんなに熱くなったりさ。審判に食って掛かったり、礼儀、マナーはともかく選手のために必死だったのが分かる。死因はすい臓がんか。痩せはしたものの選手の前では何もなかったようにふるまったと思うよ。同じく指導する立場として見習わなきゃならない人だった。プロの世界、実力者がひしめく中、プライドの塊と化している世界だとは想像がつく。それをうまくまとめるにはそれ相当の威厳、力があったことは間違いない。それにも負けない愛とね。俺はプロ野球は見ないが、あれだけの人材はこれから先は出てこないんじゃねぇかな。実に惜しい人を亡くした。合掌!!

今日来た患者さん

うちは予約制なんだけど、知らずに駆け込んできてね。手のしびれが酷く、力が入らない。仕事は大工さんだけど、仕事に支障をきたしちゃってどうしようもなかったらしい。聞けば肩も痛くて、原因はそこにあると感じた。ネコ背で肩に負担がかかっている感じだった。肩の痛みは完全にとれた。しびれは2本の指先に少々残ってはいるが、時間の問題だ。自分でも原因が分からなくて、温めてみたり、整形外科に行ってみたり、原因は枕かなと思って変えてみたり、いろいろ試してもダメだったんだって。整形外科に行ってもダメ、鍼灸に行ってもダメ、最後に行きつくところがカイロプラクティックだったりするが、まさにその典型例だ。歪みは身近にあることだけど、なかなかそこに気づかないことが多い。歪みの原因も話した。大工さんだけあって、身体は動かしていた。だけど、そのケアまではやってなかったのが原因だった。車にしてもメンテナンスは怠らないはず。大工さんだって、道具を磨いたりするでしょう。自分の体なら尚更。

f:id:junwakai:20170227135646j:plain