合気道がインチキ?

海外の方では合気道についてそう言ってしまう人が多いみたいね。合気道は考え方が相手との和合だから。相手に合わせちゃうから相手もついつい力が抜けてしまう。海外では格闘技としての考えが当たり前になっちゃうからかもしれないね。合気道は格闘技としては考えられない。日本では一部で合気道の組手をやっているところはあるが、結局相撲のような取っ組み合いになっちゃう。相手と戦わないことが前提だから。なかなか海外ではわからない人もいるんだろうね。日本でも若い人で格闘技をやってる人にはわかりにくいかもしれない。俺も合気道の素晴らしさが分かってきたのは40過ぎてからだ。俺は居合をやっていて、合気道の意味が分かってきた。今では俺の空手の組手にもその要素が入ってきてる。関節を取って投げたりすることではない。相手と波長を合わせちゃうから打ち合いにもならないんだよ。いや、打ち合いの中にも相手と和合しちゃって、組手をこなす人が極真空手にもいるね。大石代悟師範がいい例だ。妖刀村正と言われるすごい蹴りを出す人だが、俺はこの方については蹴りそのものより、相手と和合するような組手に注目している。俺がやっている居合も技で体現することはないが、考えは合気道と同じだ。俺は空手と併用していたおかげでいい空手ができたと思っている。世の中のペテン師は相手の話にうまく合わせるのがうまいからね。相手方はついついその人を認めちゃう。つまりは油断しやすい。武道の技は結局、そういういやらしい考えも持っているわけだね。俺はバカ正直だから口はダメだな。おかげで若い人の手っ取り早い考えそのものにダメと言って、相手を怒らせちゃうんだけどさ。でも、ペテン師とは違って、相手との協調性を図ることを目的としているんだ。技にも嘘は方便と言える所以があるんだよ。

面白い!!総合格闘技

ガキの頃のプロレスごっこの大人バージョンと考えてもいいね。そこから始められるからね。今のところ大会に出てみたいと考えている人はいないが、みんな休まずに来るよ。大人になると子供と違って動けないからとか疲れるとかいう人がいるけど、夢中になっちゃうから疲れるのも忘れちゃうもの。実力差があれば技なんか一方的にかけることになると思うかもしれないが、力のない人相手には力を緩めて、相手に技をかけさせてみたりして、それを逃れたりしてると実力差があっても双方が伸びるから面白いよ。一番退屈になりがちな形稽古も行うが、これも形分解(使い方)も一緒にやるからね。実力がなくても技をかけることの楽しみがあるからみんな休まないんだよ。

初心者はとにかく技をかけまくられて苦しい思いしかないというしごきなど全然いらない。時代的にそれではやっていけないよ。でも、まだ野球の世界なんかはそういう下っ端の下積みを耐えて、その後ようやっと素振りを少し教えてもらえるという構造になってるみたいだね。聞いた話で申し訳ないが。うちには下っ端の下積みなどない、何か経験していたのならそれを捨てろなどとは言わない世界だ。それをもとに自分なりの格闘技ができる。

f:id:junwakai:20180417093320j:plain

f:id:junwakai:20180417093251j:plain

 

家族会議

昨日、大会が終わって娘達は疲れて先に寝てしまったからね。向かい側の道場からの立ち退きについてとか、親父らと今後のことについて話し合う必要があることとかいろいろね。深夜2時までかかったよ。朝起きてからすぐに娘を保育所に送って行き、親父らとまたまた会議だ。眠くて眠くて仕方がなかったよ。長女も来年は小学校だ。それについては俺たちだけで話を進められることじゃないからさ。何よりも今、長女は週3回の空手練習もあって、おまけにここは小原田小学校からすごく近い。当分は実家に戻ることはないことなどを話した。

そして午後はポスティングをやってきたよ。フラフラだよ、もう。夜は少年部の稽古があるからな。間もなく始まる。休む暇もない。

格斗打撃選手権大会

純和会熊田道場からは2名が参加した。結果は敗退。いつも入賞できている涼桜君も今回ばかりはダメだった。本人の引き出しのなさだね。自分なりの組手の仕方をいくつか持っていなきゃならないのに、一つにこだわっちゃう欠点があってね。これからの課題だね。

それにしても格斗打撃空手道連盟。俺が所属していた時期と比べると破格の規模での大きい大会だった。わずか数年での変わりようだからさ。ビックリだったね。審判のまとまりもしっかりしてたからさ。俺の予想とは違っていたよ。まぁ、俺は大きい組織そのものが苦手だしさ。もう一度加盟したいかと言えばそれはないけどさ。ん?うちで大会を開く?今はあり得ない。尤もどのルールにも長所あり欠点ありだからさ。どのルールがいいかとも言えないしさ。うちの父兄様の助けの人数では無理もあるな。俺とすれば純和会は常に挑戦する立場でありたい。いつかはそんなことにも挑戦することもあるかもしれないがな。それよりも障害者にもできる空手を普及させることを今考えているんだよ。なかなかこれが滞っちゃってね。空手の競技化が進む現在、そういう一面のみを見ちゃうのが一般素人だからさ。この観点を変えていきたいね。

女性が仕切るのは…

男性が栄えないからなんだろうけど、女性が仕切っちゃうとついていけない人が出てくる。女性は感情的だからなぁ。それにワンマン政治になっちゃって、意に反するものは切っちゃうでしょ?俺なんかは上の人に意見を言っちゃう人間だからさ。邪魔扱いされるだろうね。女性は男性に対して一歩下がって何ぼだと思う。女性の力はいらなくていいってことはないよ。男性にない力を持ってるんだからさ。

昔の女性は一歩下がっていたじゃないか。最近は男性が弱いのか、女性が強くなってきて、男性の話を聞こうともしない女性が増えている。俺が知ってる人は女性一人で社長、一人暮らし、家に息子娘が帰ってくれば家の長。結果は関係ない人にも威張るようになってしまった。裕子は足代わりにされかけたしな。うちの治療の予約を無断キャンセル、ドタキャンは日常茶飯事。許されると思っちゃうわけだ。男性にもいないわけじゃないがな。北朝鮮なんか男性が将軍様だけどやりたい放題だしな。女性が長になれば必ずと言っていいほど帝王となってしまう。過去に国の女帝として君臨していた人は晩年、「女帝はまずい。やってはいけないもんだ。」と言っていたね。裕子は俺の補佐としては適任だよ。女性がいて安心とも言えるわけだからさ。

女の人が長になっちゃうのはたいていは男性がいないからだ。それはその家系に無縁仏がいるからだと思う。供養せずにいるとその家は男性が栄えにくくなる。

道場を元の場所に…

借りてた道場も老朽化は進んでいたが、活動し始めた矢先に大家さんが態度を急変させちゃってね。仕方ないね、これは従うしかないもの。ただ、少年部に関しては狭いこの道場ではやりにくいんだよね。純和会には基礎形でその場からほとんど動かないものもあるから、それをやることにして、しばらくしたら公民館を借りることになるはず。でも、週1はこの道場を使うことにするよ。本部がない道場じゃぁ、かっこつかないしね(笑)。だから昨日は公民館の下見と免除申請の書類を作成してた。この忙しい時期に父兄からも大変ですねと心配の声も出てきた。以前は公民館を使っていたことがあるからさ。いまさらこの書類つくりは大変じゃないが、今年はなぜか面倒が増える年だ。

一般部は早速こっちの元あった道場を使った。こっちを知らない新人の道場生は最初は戸惑っていたみたいだが、建物のつくりはなんといってもこっちの方が新しいからさ。すぐ安心したようだ。思いっきり暴れられる~ってな(笑)。

裏切り?裏切られ?

これは本当に紙一重だね。裏切るのも裏切られるのも両方嫌だと言う人がいるけど、両方から逃れることはできないもんな。俺ならどちらかと言えば裏切るより裏切られた方がいいね。ジャイアント馬場も言っていた。裏切られるなんて俺からすればよくあることだしな。ホントに信じていた人からされるものだね。この人は大丈夫なんて言ってるとそういう人から裏切られるもの。信じられるのはてめぇだけだと言っちゃう人もいるが、なんだかんだと人の事は信じるしかないなぁ。まぁ、最初から人柄が分かってようものなら苦労もしないし、裏切りに会う前に離れることもできるしね。でも、どんなに人間が優れた人でもそれは経験してるよね。俺は今まで許してきたけど、もう限界だっていう目にもあった。そこで俺がその人から距離を置けば、あっちは俺が裏切ったというんだろうが…。人生、谷あり谷ありだな(笑)。