俺がもし空手の試合に出たら…

尤も試合に出たいなんて全然思わないけどさ。そもそも向いてねぇもん。高校時代には反則負けだもんなぁ。まぁ年数を経て空手歴も33年になる。技も覚えたよ。組手の技も身に着けてきたよ。ただ、組手の技は時代とともに使えなくなってくるんだよ。組手は時代とともに変化してるから。プロレスだって同様だ。ただ、俺が試合に出ても技なんか関係ないよ。勝ち負けも関係ない。ただ暴れるだけだよ、たぶんね。こういう気質は昔も今も変わってないと思うよ。一発いいのをもらったら逆上して追い掛け回すなんてことをしてたしなぁ。今はそんなことないけどさ。たぶん試合となればそんな本性が出ちゃうと思うよ。尤も俺には試合用の技なんて眼中にねぇしな。実戦的な技なら興味もつけどさ。試合じゃ使えない技だぞ。人を殺しかねない技もある。ただこういう技って、感情的になってできるもんじゃないからさ。暴力的な意味では到底使えないよ。よっぽど冷静さがないとな。刀で人なんて斬ったことないけど、あれだって感情的になって斬れるもんじゃないんだよ。気持ちは静かでなければ斬れるようにならない。その時点で空手をやると暴力的になるっていう考えは全く持って的外れだ。俺が人間を磨くために空手をやってるんだって言っても信じようとしねぇ人がいるけどさ。それは見る目がないぞ。空手だって精神的にも肉体的にも健康にならなければ武道じゃない。心身が荒れる。そんなものやらないよ。むしろ自分の持つ野獣性を押さえつけるものが武道だよ。ただ、若い人は試合に出て頑張ってほしいねぇ。試合がすべてだと勘違いされても困るけどさ。空手人生という長い目で見たら試合というのもいい過程だ。

空手のイメージ

以前小学6年生の女の子が空手の体験にきてね。そのおばあちゃんと、母親も一緒だった。でもこの母親とおばあちゃん、「女の子が空手をやるものじゃない。そんな野蛮なものは男子がやるもの」と決めつけて来てるんだよ。それもこのおばあちゃん、はっきりそれをみんなの前で言うんだからさ。たまたまうちの女子が休みだったし、女子は俺の娘二人だけだったもんだから、「師範の娘だからやってるんだ」と決めつけちゃってね。たまたまはやと君がケガしてて見学だったんだけど、空手イコールけが人が出るになっちゃってね。もう俺も弁解しようがなくてね。一緒に見学に来ている父兄も唖然。ここまであからさまに言う見学者にもがっかりだけど、よくもはっきり俺の前で言うねぇ。空手も武道だよ。喧嘩じゃない。柔道は正義で空手は悪のイメージは昔の漫画、空手バカ一代で払しょくされたと思ってたよ。昔、柔道一直線の漫画では空手は悪者と決めつけられてたけどな。ああいうのって迷惑な話なんだよな。柔道は悪なんて思ってないけど、空手より柔道や合気道のほうがケガは多いぞ。だけど空手は要は殴り合いだ。実際は殴るというより打つといった方がいいんだけどさ。おかげで空手は力でねじ伏せるイメージが強くなっちゃったね。喧嘩させるなら狂暴になるかもしれないね。でもそんな感情なんて素人の喧嘩みてぇに空手では通用しねぇんだからさ。冷静さが必要になってくるんだ。それこそ人間は丸くなってくるぞ。俺も喧嘩を引退した覚えはないけど、喧嘩する気力もないだろうしなぁ。ましてや道場でけが人が出るなんてここ15年で片手で数えるほどだよ。昔の道場は確かにけが人が多く出たのも事実だが。でもけが人が多く出る道場というのは指導者の資質の問題だ。道場でケガがあってはいけない。

学習塾

昔、俺が若いころはいい高校、いい大学を出て、安定した会社に就職して安定した生活をというのがあったからね。勉強もそれなりに必要とされたけど。今そういうことを考えると学習塾って必要なのか?塾をやってる人には失礼な言い方で申し訳ないけどさ。親のエゴで塾に通わせるくらいじゃないのか?今、成績良くたって悪くたって安定した生活なんて夢のまた夢だぞ。教養というのは重要だよ。あったほうがいいよ。成績のためというのなら、俺は娘に通わせたいなんて思わないなぁ。俺の長女も成績は特別良い方でもねぇだろうけどさ。まぁ、俺よりは勉強好きなんじゃないかなぁ。宿題に関しては、先生との約束だからな、「はやくやっちゃえ」とは言うけど、それ以外に勉強しろなんて言わないぞ。ていうか元気に遊んでほしい。俺も一応大学は出てるけど、大学に行く必要なんかなかったもんよ。空手生活の息抜きの場だったなぁ。俺は中学の時、塾に通わされてね。もちろん行きたくもないけどな。言ってしまえば親のエゴだな。マンツーマン指導だったんだけど、それでも俺は居眠りこいてたな(笑)。いや、娘本人が行きたいっていうなら話は別だよ。考えるよ、そしたらさ。でも今の時代背景を考えると、いい会社って言ったって、いつクビをきられるかわからない時代だからなぁ。うちの治療にしたって、もちろん勉強は必要だけど、中卒だってできないことないよ。東大医学部出てるからって必ず役立つわけでもねぇしな。やる気次第だよ。学生時代は思いっきり遊んでほしいねぇ。ちょっとくらいやらかすくらいの方がいい社会勉強だよ、って思うんだけどさ。青少年に必要なのは学校の成績より精神鍛錬が先だと思うしさ。だからこそ空手はいいと思うよ。勉強も批判はしないけど、成績のためっていう時代じゃねぇだろう。

元警視庁SP痴漢逮捕

一言。バカだねぇ。やってないというなら逃げてねぇで駅員のところへ行ってもいいだろう。被害者の女子高生は涙目だったっていうぞ。電車の中ってそんなに興奮するのか?俺は東京の人込みは嫌いだからなぁ。早く降りたくてしょうがないもんよ。取り押さえようとした男性は重体だっていうよな。良いことしようとしてかえって痛い目にあったのは何とも運の悪いとしか言いようがない。意識は取り戻したというからとりあえずはよかった。この痴漢男、前にもやったことあるらしいね。女の人触るのが犯罪なのか?なら野郎を触れよ。触れたくねぇか。俺も野郎に触れられるくらいならぶん殴るな。被害者役も嫌だな(笑)。公務員はお金と地位と引き換えに人格とか完全に無視されて仕事しなきゃならないからな。俺の両親も公務員だったけど、おかげで俺とは溝が深まるばかりだった。俺は地位とかそんなものいらないからと言って辞めちゃうけどな。空手のめんどくさい団体はいろいろあって辞めたんだけどさ。あのストレスは半端ねぇぞ。だからと言って痴漢していいわけじゃないけどさ。おまけにけが人まで出してな。ましてや体大きかったんだろ?女性は体が小さいから、野郎にとって大きいなぁは女性にとっては脅威だぞ。あらゆる格闘術を訓練してきてた人がけが人を出したんだ。ただの痴漢じゃ済まねぇな。後に被害者のところまで行って土下座しなきゃならねぇだろうけど、被害者は見たくもねぇだろう。これも償いの一つになるかな。

強くなるではなく弱くなる方法

空手に限らず強くなる方法だけが武道だと思い込んでる人は多いだろうね。精神面は強くなるかもな。それだけかもしれないが。組手なんかはいずれ弱くなるんだよ。年齢とともにね。だけどむざむざやられればいいわけじゃない。相手の求めに応じるんだよ。オリンピック柔道のメダリストクラスで相手の求めに応じつつ、相手を幻惑させて勝つような人もいるから重要だよ。相手に応じてられるか!相手に一の力も出させずに勝つ。というのは若手だ。強くなるばかりでは限界が来る。武道には弱くなる方法もあるからな。俺は居合をやることで気が付いた。重要なんだよ、弱くなるってさ。プロレスのアントニオ猪木も試合中に何げなく間合いを外したりした試合があった。当時は気が付かなかったが、今思うと武道家としても一流のものを持っていることが分かる。ただのビジネスショーではない。専門家にさえも「こいつは本物だぞ」と言わせるようなことを一瞬見せるからな。一見すればただ逃げてるだけじゃねぇかって思うけどさ。そんな甘いもんじゃない。日本武道くらいじゃないのかなぁ。弱くてもいいという概念があるのは。それは他をよく調べてるわけじゃないから違ったらごめんね。対敵という概念すら覆えしちゃうものを持つ。それが日本武道だ。

女性の時代とは言うけど…

格闘技にしてもそうだし、空手にしても女子の空手は見ていて面白いし、かっこよくもある。だけどやっぱり男にはかなわないんだよ。男は結局理性で抑えが利くものだけどね。女子がトップになっちゃうとそうはいかない。うちの少年部の女の子は俺の言うことなんかお構いなしで暴れるわ暴れるわだったけど、それだけでは大会入賞はできないことが分かってきた子も出てきている。喧嘩じゃないんだなぁ。見た目がそうでもさ。うちに来ていた女性の患者さんで二人ほどうちの治療室を出入り禁止になった人がいる。最初はうちで治療して絶賛していただいたんだけどね。この二人は伴侶がいない。だんだん初心を忘れたか、要求が大きくなり、俺に媚びさせようとするようになってきちゃってね。俺が媚びるわけにはいかないからさ、出入り禁止にするしかなかったんだけどね。ちょっと残念だけどね。女性と男性では脳の作りが違うしな。確かに今の若い男子にはしっかりしてもらわねぇとな。女性になめてかかられたらおしまいだ。まぁ、俺も女性には甘い一面があるけどな。だから二人の女性が変な方向に進んでしまったのかもしれない。裕子も人に話に流されて、俺の話なんか聞く耳持たなくなることがある。俺はほおっておくんだよ。いずれ自分でも耐えられなくなってくるんだしさ。最近は気が付いてきてるけどな。女子がチャンピオンになってもそれはあくまで女子の中だけの話だしな。女性社長の会社で発展したケースはあまり聞かない。俺も忘れちゃったけど、昔、ある中国の女帝が晩年になって女性が権力を握ってはいけないと気が付いて亡くなったという話も聞く。経験上気が付いたんだろうね。最近話を聞くけど、旦那がだらしなくて、女性が中心になっていろいろ活動している話。こういう女性も気が付かないとな。

短刀捕り

少年部が終わり、一般部が始まる。疲労がたまってはいるんだけど、こんな時体に鞭打って稽古する。エンジンがかかり集中できる。今日は少し変わったことをやろうと思ってね。大越君と短刀捕りをやってみた。コツがわかってくると結構いいもんでね。なんか知らないけどストレスまで緩和されてくる。空手の形をしっかりこなした後なので、体は自由に動く。そこでちょっとした真剣勝負っぽいことをしてみる。立ち合いの稽古はやってたが、その前に短刀捕りをやってみたほうがいいかもしれない。武道の持つ良さが出てくる。対敵観念、これを捨てて形だけをこなしても体操にしかならないからな。実際、短刀は偽物だけどさ。案外難しいものだ。わかってくると結構気持ちよく捌けたりするんだよ。また一般部の稽古があるときやってみよう。あんなに気持ちはいいものだと思わなかった。