少年よ虎になれカラテ体験会

土曜日に体験会を行ってね。年長さんの体験と小学3年生、2年生の体験があった。案外元気な子っていうのは入門に至らないんだよね。とんでもねぇ口ばかりのような子も来ることがある。屁理屈っていうのかな。まぁ、母親自身も息子のやりたい放題に歯止めを掛けることが出来なくて困ってる感じの家族が多い。だから道場に連れてくるんだろうけどさ。俺は屁理屈ばかりで逃げ回ってるような子には厳しいぞ。いくら道場生じゃなくても雷を落とす。これが道場というものだからな。当然口ばかりの子は入門なんてしたくないだろうけどな。こうなると親次第だな。親が甘やかしてるのに気付いてる人は連れてくるだろうね。でもこういう口ばかり達者な子が変わっていく様を俺はずいぶん見てきたよ。途中で投げ出しちゃう子もいたが、立派に成長して道場を去っても俺とどこかで会ったら元気にあいさつしてくるんだよ。勉強に関しては本当に全滅でも精神面に関しては、「あぁ、師範になってよかったな」と思わせてくれる。今はパワハラだの騒がれる時代だけど、絶対的に人には怖い存在がいなくてはいけないと思うよ。もちろん怖いだけじゃだめだけどさ。その辺でよく見かけるけど、小さい子供が泣くのは分かるけど、父親ですら止められないんだよな。母親みてぇな慰め方は女性がやればいい。男らしくビシッと泣き止ませるくらいできなきゃさ。怖い人間はダメで優しい人間のみが許されるなんて子供は勘違いするからな。俺がガキの頃は親父は「うるせぇ!」で終わりだもんよ。何でもかんでもうるせぇの一言で積もり積もってくるんだよ。怒りがさ。そうやって大きくなってそろそろ仕返しできるかなと思った頃には親父も丸くなってるもんだ。俺の親父はちょっと違ったけどさ。市役所の下水道部長を人より2年も多く務めたっていう自負があったからね。

どうしようもない!俺の性格

いまだに上下関係というものはある。でも俺は昔から上の人間が間違ったことを言おうものなら即「違う」と言っちゃうんだよね。上の人間が白いものを「黒だよな」と言おうものなら「何言ってんすか!白じゃないっすか!」だからね。こうなれば無門会も清心流も追放だとなるわな。上の人間にどういう時でも遠慮はしない。これが時々災いするんだよ。俺の上に立つ人間は相当心が広くねぇとだめだな。だけど、俺は自分についてくる人間の話を聞くことは全然違和感がない。俺が勤めてるトラックの会社でもちょっとあってね。俺がミスった事だから悪いのは俺だけどね。あちらが何か誤解しているようならそこは止まっちゃいられない。すぐ動いたよ。経営者側はうるせぇ人間を雇っちゃったなぁとなる。聞く耳持ってくれればどうってことない話なんだけどな。態度がでかく感じるのかなぁ。俺はここでは経営者でもあるから俺みてぇなのは厄介かもしれないよなぁ。自分の信念を曲げながら生きていくことはできない。自分にうそつきながらなんて器用なまねはとてもとても俺には不可能だ。そうなったらどうしようもない。明日は明日の風が吹くだなぁ。

合気道四段の人が…

元々空手をやっていて、空手に疑問を持った人が合気道をやることにして、四段取得するまでになったらしい。中国拳法も研究していたみたいなんだけど、最近になってフルコンタクト系の空手道場に入門したらしい。合気も何もあったもんじゃなく、ボコボコにされちゃったみたいだね。そりゃぁ、普通に格闘技をやれば合気道は敵わないよなぁ。合気は闘うためにあるんじゃないからさ。でも実際に合気をかけることが出来る人っていうのはごく少数でこうなるとだれもかなわないという。それだって格闘技をやったら話は別なんだけどね。この点日本人は勘違いしている人が多いよな。U-tubeの動画で徒手格闘技を観たけど、あんなの使えないとかインチキだとか言う人がいるんだよねぇ。あれをあのまま使おうなんて思ってる自衛隊員はいないよ。一番は相手が攻撃できなくなるのがいいのであって、相手の癖を読むことが先決だよ。多分その合気道四段の人も空手家相手に真正面から対峙しちゃったんだと思うけどね。そこを気が付かなければ多分空手をやったとしても年齢40過ぎてれば限界が来るのは必然だけどさ。俺は空手に疑問がなかったかって?あったよ。寸止めに疑問を持ったよ。でも空手の疑問が先生にも解けないものなら、自分で解くしかないと思ったね。だからこそ純和会独特の空手が出来たんだ。俺だったら空手の疑問は空手で解くよ。他の武道をやったからと言って解決にはならないと思ってる。

理解されにくい自力整体のカラテ

須賀川のスタジオ指導は続いてはいるが、集客数の少なさから水曜日を外すと言われた。おまけに「効果は上がってますか?」って聞くんだよ、俺に。何で利用者から聞かないのかねぇ。そうすると外すわけにか行かなくなるからだろうね。その話を聞いた今日の利用者は早速、水曜日をなくさないでくれと頼んでくると言っていた。ただ、結局は武道だからな。なかなか敷居が高いイメージは払しょくできない。経営者にはなかなか伝わらない。実際身体の調子が悪い人がやって初めてわかるものだからな。利用者の声より集客数だけで見る癖は変わらなそうだけどな。けど、今日の利用者は会員さんの勧誘を必死にやってくれた。自力整体の効果は自信あるよ。たいてい痛みを自分で取ろうとしてスポーツクラブに入るけど、痛みが取れないどころかさらに痛みが増してきて辞めてしまう会員さんが多いと話を聞いたことがある。医者では歪みは説明できないし、治療できる空手師範となると極端に数は減るから仕方がない。ましてや武道は身構えられちゃうからね。おまけに俺はスキンヘッドで空手着を着てるから、近づきにくいかもしれない。

同級生

今トラックの仕事で荷積みする場所にたまたま高校時代の同級生がいてね。しゃべってみると本当におっさんだ。おっさんみたいなことしか言わなくなってる。「あぁ、こいつも丸くなってるんだなぁ」とは思うけどちょっとがっかりだね。俺は逆に元気は有り余ってるからな。まぁ若いころと比べれば落ちてはいるけどさ。日頃の空手の稽古のたまものだと思う。でもスポーツジムに行けばわかるけど、気持ちも本当に若い人はいるもんだよ。俺もそのくらいの年齢になった時どうだろうね。この同級生のようにはなりたくないなぁ。気持ちまでなえてくると、今度は寝て起きたとき、疲れも取れなくなってくるもんだよ。今はタクシーもやってないから夜はしっかり眠れるし、今日もバンバン身体を動かして夜楽しみのビールを飲む。職場と家を往復するだけの毎日を送ってると、ストレスまで家に持ち込むことになりかねないからさ。現実逃避で駅前の繁華街を飲みながらふらついたりせず道場で汗を流してみなさい。自分を真剣に見直す機会が増える。一日一日が楽しくなってくるだろう。今日こそはいい女に会えるかもしれない!会えないと思うなら寝てるしかねぇもんな。寝ていたいのに仕事に行こうなんてやってたら、それこそ嫌だよなぁ。組織の中にどっぷりつかって身も心も犠牲者とはなりたくない。組織と関わってもいいけど、気の合う人とバカ話でも出来なきゃ楽しくねぇよな。その鬱憤を飲みに行かず、空手の稽古をせよ!

先読み

俺が下積み時代にはこれが要求された。先生が何を考えているか。次は何をやろうとしているかを先に読んで行動する。最近の若者にはこれが欠けているように思える。言われたことしかやらない。職人さんにはこんな先読み技量が当然ついてくる。今俺はトラック運転を一人でこなせるようにはなったが、荷物を積むときに荷物の形、重さを読んでトラックに揺られたときどう転がる可能性があるかを先に読んで積む。無門会の内弟子時代にも、会長がやろうとしていることを先回りして準備することが要求された。最初はうまく行かないものだが、会長のやろうとすることに「こうされてはどうですか?」みたいなことが言えるようにもなってきた。慣れてきたころには会長も認めてくれるようになったのは覚えている。当然の如く空手にもこれが必要条件になってくる。相手様が行動してからでは遅い。裕子もうちの治療室を手伝うようになった時、先読みがうまかったよ。これができない若者。それでどうやってこれからの日本を支えるんだ?言われたことがすべてではダメなんだよ。空手の極意も人に打たれず人打たず 事なきを基本とせよとある。組手が成り立ってるようじゃ空手じゃないんだよ。人を打たなきゃ打たれてしまううちはまだまだってことだ。

武道とスポーツ

空手はそんなはざまで動いてるよね。まったくスポーツと割り切ってやってる人もいるけどさ。うちの少年部で練習しているりお君は競技空手向きだ。武道としての技は使えるけど、気迫、気構えなどはついてこない。だからまだまだ技が粗削りだが、気迫十分な子に押されてしまう。俺の長女の純帆はその点武道としての空手に向いている。そういう人に限って技は荒削りな人が多い。それはだんだん磨かれてくるんだけどさ。技がまだ駄目でもその気迫だけで技を持った人に対応できるんだよ。気迫負けしたら技も出なくなる可能性が高い。りお君の妹のみりちゃんも頑張って技を覚えた子だけど、やっぱり気迫負けしちゃってるところがあるからねぇ。もし、道場内でバトルロイヤル、生き残り戦なんかやったら分かるけど、技だけではどうしようもないんだよ。根本に気迫、気構えがなければ生き残ることは不可能だからな。俺も武道派だよ。技なんかだんだん磨かれてきたわけだし、気迫と技を併せ持って本当の武道となるんだよ。こういうのってなんなのかなぁ。俺はケンカでも試合でも場数踏んでいけば気迫などは身についてくると思ってたけどさ。