シャドゥカラテ

ボクシングのトレーニングの一つ、シャドゥだ。その空手バージョン。形の練習をしたらその後、シャドゥをやるといいんだけどね。今、少年部は大会間近に迫っている。シャドゥカラテに時間を多めに割いている。でも、大人はこれを黙々こなせても子供にはわかりにくいだろうと思って、二人向い合せてお互い技の出し合いをするようにする。エアー組手だ。この方が集中してこなせるからね。写真はそれだが、分かりにくいだろうなぁ。動きが良くなるんだよ。入門半年くらいなのに相手の攻撃を捌くような動きを見せる子まで出てきている。もちろん組手でだよ。本人のセンスもあるとは思うが、これはなかなかいい練習法だ。注意する点はある。突き、蹴りが手足のみで動きがちになることで、そこは常々俺は観察しておいて、注意を促すようにしている。体感部をうまく使ってこそ基本に活かせるわけだからな。これはいくらずっとやってきた俺でもいちいち気にしておくよ。俺は基本は出来てるから、組手をやればいいなんてことを言う奴が過去にいたけど、見てみるとそういうやつに限って基本がおろそかにしがちだ。単調な基本稽古を嫌がる人はダメだね。すぐ技をコレクションしようとする。技は集めるのではなく、一つの技の質をとにかく高めていくことでレベルアップする。

f:id:junwakai:20181115133050j:plain

色々調べてみたが…

一般部の試合希望のため連盟所属を考えた。年齢の事もあるし、普通の社会人で総合格闘技は危険すぎるからね。武道系で調べてみた。ある団体は空手と防具もサポーターも空手と変わらないのに、その連盟から購入しなおさなきゃいけなかったりするんだよ。そうしたら道場生が負担が大きくなっちゃうからね。とてもそんなことはできないから、断念したけどさ。考えてみると、会費だって防具もサポーターも連盟で購入するしかないんだもん、ずいぶん儲かるシステムだなぁと思ったね。道着も色別で2着揃えなきゃいけなくてさ。考えたものだね。でも、今一つ知名度が上がらないのはお金がかかりすぎる事じゃねぇかなぁ。だから普及しないんじゃねぇかなぁ。ひねくれたような考えで俺の神経が疑われるかもしれないけどさ。道場生にはなるべく負担はさせたくないからね。尤もうちの道場も貧乏道場ですから、何かやろうとするときは大変だよ。

無事

ここ最近の俺には良いことがない。そのかわり悪いことも起きなくなった。ここ2~3年くらいかな。いや、この2~3年もその点平穏無事な方向に向かってる。多少の波はあるけどな。それがつまんねぇなんて思ってたけど、よくよく考えてみれば無事という事は良いことも起きないんだからさ。ぜいたくな悩みだよな。災難に関していえば、寸前のところで気づいたり、回避できることが多くなった。裕子はその点良いことも悪いことも起きてるような気がするなぁ。俺、タクシー乗務やっても長距離に恵まれねぇもんなぁ。裕子は仙台まで行ったりしてるからな。これは一例だけど、その部分だけ見ると、裕子はいいなぁとか思ったりするけど、災難には遭わなくなった。精神的な事が原因かなぁ。でも、何が起きるかわからないから世の中面白いんだよな。俺の前にいい女が現れねぇンじゃ、それこそがっかりだなぁ(笑)。ずっと布団から起き上がらない方がいいじゃねぇか。ぜいたくすぎるかもしれないけど、希望持って生きたいよなぁ。

入門問い合わせ

40代の初心者だ。総合格闘技志望。でもなんか初心者で40代という事で不安があるみたいだ。運動不足解消が目的らしい。最高にいいと思う。おそらくは格闘技が好きだけど、やる機会がないまま今になっちゃったんだろうけど、そのままやらないでいたら後悔するよな。運動不足解消、おまけにストレスも解消してほしいね。後程電話するという事だ。でも、俺だってグラップリング(組討ち)がうまくなったのは40代に入ってからだよ。ずっと腕を磨くような相手に恵まれなかったからね。もともと無門会は何でもアリの中でできた空手だから、総合格闘技が出回ってきたときも、今更出てくるの?って感じでいたけど。そりゃぁ、上を見たらきりがないけど、今の自分を伸ばすことは十分できる。それだけでいいんじゃないかな。それだけで十分道場に通う価値があると思うよ。それにしても最近は若い道場生が入らなくなったなぁ。これはどこも同じみたいだ。それにしても最近俺は疲れが残る。歳かなぁ。今更めげることもないけどさ。若い人がうらやましいよ。今はルールも整備されてきて、若い人も力試しをどんどんできるような環境になってきている。

弟子が去る時

これはさびしいね。何とも思わない人なんていないだろう。どんなにひどい弟子でもさびしいよ。俺は生徒が去るときはさびしいけど、「またできる機会があったらいつでも来ていいよ」と一言言うようにしているよ。去る者は追わずだ。でも俺は過去、ある団体をやめたときは「やくざ呼ぶぞ」とか「拳銃も安く手に入ると息巻いてる」なんて連日のようにメールが届いてね。自分のホームページにも俺のことを書いてたみたいだが、後にそこをやめた道場の先生が俺のことを書いた部分を消すように言ったらしい。ある連盟をやめたときも腹いせだろうね、他の連盟に声かけて俺を入れないようにしたみたいだ。先日もとある会の入会を断ったら、完全無視だもんね。俺はこんな小さい器でありたくないね。決して大きい団体だから器が大きいかって言ったらそれはないもんな。人集めがうまいだけなのかも。そりゃあ、俺も問題起こして辞めた人に関しては何も言わないよ。温かい言葉をかけるほど人間は出来ちゃいねぇけどさ。腹いせはみっともない。ましてや武道家ならなおさらだ。中には道場をやめないようにするために退会費用だとか言って高い金額を要求するような輩もいると聞く。師範であろうが生徒であろうが初心忘れるべからずだ。いくら指導者であっても自分が生徒で師匠がそんな有様だったらいやだろう。先日辞めた会はだらしない指導者がいる中で変な指導者を排除しようとする会だ。でもやることは一緒だからな。辞めて良かったよ。俺も今、ある連盟に所属するかを悩んでいるところだ。それはあくまで自分の欲なんて関係ない。道場生の意見の上で動くつもりだ。

一般部に試合希望

総合格闘技をやっている人から試合は出れないんですか?と聞かれた。俺は一般部は試合に出る人が少ないことから、聞かれたら探すつもりでいた。その人はグラップリングがいいという。そこで探したんだけど、いいのがなくてね。来月あるけど、何より時間がないし、それに遠い。そこでいろいろ総合を調べてたんだよ。俺の感想だけど、ガラ悪そうなツラしてるのがずらりなんだよね(笑)。まぁそれはいいとしても、大会に出す側とすれば、いくら試合でもケガはしてほしくないんだよ。そうなると安全面を考慮しつつを考えると空道がいいかなってね。空道創始者東孝師範は68歳なのかな。今も現役の若手とスパーリングやってるんだもんなぁ。それもニコニコしてさ。俺はこんな師範になりたいね。調べてみるとセミナー受けて、直接面接受けないと加盟できないらしいから、かえってそこが信用性あるよね。試合を希望した人は空道がいいと言っていたが、他の人にも意見を聴こうと思ってる。元々うちは空手道場だからな。普通に総合やるより、空道の方が近いよな。

道場指導

純和会熊田道場の少年部は集団稽古だ。こうなると空手の本質は指導できない。だからこそ、武道の本質に近づけるべく稽古を少年部の生徒を選び出して選抜クラスがある。でも、あまり組織的にしちゃうのもよくない。武道も芸道などが衰退の道をたどるのも、宗家制度だの徒弟制度が権力主義に陥りやすい可能性があると思っているからだ。空手が沖縄から日本へ伝えられる以前、沖縄では道場もない、空手をやっていることも秘密にしていたという。俺はそこまですることはできないけど、あえて師範代を置いたりして上は楽するなんて考えを起こさないようにしている。少年部、一般部男性に関しては俺が直接、なるべく自分も体を動かしながら指導するようにしている。少林寺拳法創始者は最初は自宅で7畳くらいの部屋で一人ずつ指導していたという。コツコツやってたんだよ。正直、身体がしんどい時もあることはあるよ。それが仕事だもんしょうがねぇじゃねぇかってな。でも、肩こりだの腰痛だのとは無縁だ。治療家でもあるからな。そのくらいじゃなきゃ治療家になる資格はないよな。

話は変わって、4月から教室が増える話が出ていたが、なくなるかもしれない。その話を持ち出した道場生の酒井さんが経理の面でもめているらしい。話をよく聞いたわけじゃないが、酒井さんの言ってることに賛成だった。もし酒井さんの交渉が通らなかったら、この話はなくなる。けど、しょうがないよ。そこで欲張ってもいいことねぇしな。俺はあくまで師範でありたいからさ。その教室の経営に関しては酒井さんにお任せするつもりでいいるよ。