勇唯斗君6年ぶりに少年部を見学

小学校、中学校と少年部で稽古していた勇唯斗君が夕方稽古してたら「バイトも休みだし、少年部を久しぶりに見てみたい」と言ってきてね。小さい子の胴着姿を久しぶりに見た感じで懐かしそうだった。ただ、当時の緊張感が今でも残ってるかと言えば勇唯斗くんが少年部にいたころほどではないんだよな。中学1年くらいになれば、一般部の黒帯といい勝負ができるくらいだからさ。気迫が違っていた。今でも緊張感がないわけでもないよ。先日の交流フェスタでは一般人が見ていたけど、最初は小さい子の胴着姿で「かわいい」くらいにしか思わなかったろうけど、普段の稽古同様のものを見せたら笑いなんか吹き飛んでたもん。この日は勇唯斗君は少しだけ指導して帰った。今、専門学校に通っていて、保育園の先生を目指している。今は机上論を学校で勉強しているわけだが、それが果たして役に立つかどうかだね。本人もそれが役立つか心配だったみたいだが。俺は現場の仕事に机上論はちょっとした教養程度にしかならないと思ってるよ。現場は違うからねぇ。それこそ1から覚えなきゃいけないだろうな。若いころは吸収が早いから大丈夫だろうけどさ。

日程表つくり

今、一般部の稽古を予約制ではなく、日程を決めておこうかなってね。フィットネスジムのスタジオと同じだね。何時から何時までは居合とか、この時間は格闘技とかね。治療もあるからね。そこはフリーにしておいて、あえて何の時間とは決めないでおく。このフリーの時間に限っては予約が必要にしておいてさ。俺も道場生が来ても来なくても在中してなければならないけどさ。その分自分の稽古時間も増えるよな。武道家として集中できる。今はあれもやったりこれもやったりで武道に集中する時間が足りないかもしれない。

f:id:junwakai:20171009102342j:plain

f:id:junwakai:20171017133814j:plain

f:id:junwakai:20170706100946j:plain

f:id:junwakai:20170227133309p:plain

 

道場生高山君

いずれは組手ができるようにしたいと言っていたが、最近は身体の調子がいいので、組手をやるようになってきた。総合までやると腰に悪いからまだやらないけど、グローブをつけてやっている。本人も「めっちゃ、楽しいっすね!」って言っていた。どちらかというと草食系だからさ。のらないかと思ったら、超ノリノリだった。でも、若い人は身体がきくね。うらやましいよ。こっちもそれに合わせて動いてやったらやったら、「うわ、超強い!」なんて喜んでたよ。まだ重いものを持ち上げたりができないからね。徐々にやっていこうと思ってるよ。

f:id:junwakai:20171017133814j:plain

組織欲

こういう人は俺は理解できない。自分を神がかった存在にしたいのかね。俺には理解できねぇな。こういう人って、道場生と一緒に稽古しているのかが疑問だ。生徒から話を聞くと、稽古しているところは見たことがないというね。道場生を指導員に預け、自分は何もしない。道場生が大会で入賞でもしたら、写真に写ろうとする。福島県にはこういう人を二人ほど知っているが、なぜか人集めはうまいんだよな。うちの道場には中身を求める道場生が多いから、こんなことはやっていられない。空手。所詮人がやるものだぞ。神様になんてなれやしない。うちの道場に以前いた少年が人を妙に神様扱いする奴がいたけど、気持ちわりいから、俺にそんなことやったって、無駄だってことを教えたら、さっさと道場をやめてったよ。自分に自信がない奴がてっとり早く利用するくらいなら価値はあるんだろうが。うちに自分に自信が持てないやつが入門してきたら?稽古しまくって自身つけなさいで終わらせるぞ。結局、道場生と喧嘩して大勢去られていくのが現状だよ、そういう人は。空手が腐るよ。かかわりたいとは思わないね。俺はあくまで空手の本質を求めて稽古するだけで、道場生はそれを学ぶだけの話だぞ。俺は神様じゃない。道場生と同じ、修行の身だ。今日もこれから稽古するよ。俺一人でな。

みんなの市民活動交流フェスタ2017

去年と同様、郡山市の開成山公園のがくと館にて行われた。今年も純和会熊田道場は演武を披露した。最初に基本稽古。次に形、少年部の組手、俺と中学生の組手、最後に紺野さんによる居合の演武。市民の皆さんに拍手をもらって、無事に終了した。去年、演武を見て入門した伊藤さん親子は演武に参加していただいた。去年より市民の見てる数は少ないようにも感じたが、道場生は満足したようだ。何よりびっくりしたのが、入門したばかりの颯人君が一人で形の演武をできたことだ。まだ形をこなせるかどうかも分からないくらいだったが、どこか腹が据わってきた様子だった。演武が終わっても一人で形をこなしていたぞ。大したもんだ。俺の組手の出来はなんとも言えない。動きは自分でもいいと思ってたけど、相手の諒馬君の突きが2~3つ入っていたのでね。当てさせるつもりはなかったが、なめたつもりもない。諒馬君が伸びてきたのか、俺が油断したか、いずれにせよ俺の出来が今一つだったということだ。この交流フェスタ、来年は空手や自力矯正法の体験コーナーを出そうかと考えている。

f:id:junwakai:20171015104308j:plain

 

現在の私

45歳。あきらかに体力的には下り坂だ。30後半くらいから感じている。筋トレは欠かさない。若いころのような筋肉美もないけどさ。空手の練習は相変わらず、量的には少ないが続けている。組手も若い人とまだ対等に行えるのは成果が出てるんだろうね。まだまだ達人の域には達しえないが、その域を目指して稽古していこうと思う。ずっと稽古していても、まだ気づいてなかったことがあって、奥深さを感じる。一生かけて追及しよう。純和会の型を完成させておかなければならない。今はそのまとめ段階だ。型を後世の人にどう受け継がれるかは俺も分からないけどさ。なくしてはいけない。カイロプラクティック技術もなくしてはいけないので、いつかは誰かに伝えるつもりでいるが、具体的にはまだ動いてはいない。NPO法人純和会は本格的に動き出したのはまだ最近のこと。でかくしようなどとは思ってないが、しっかりした基盤は必要だ。

ちょっと不思議な出来事

バイトでやってるタクシー乗務。ある夜、酔っぱらいの30代くらいの男性を乗せての実車中。特定の行先をちゃんと言ってこないでの走行中、いきなりお客が「ここだ!この野郎!」って言ってきて停車させたんだが、俺がお客の方向いたら、何故かシュンとしてお金を払って、黙って降りて行った。何かさらにまくしたてるのが普通なんだがねぇ。俺も不思議だったよ。急に静かになっちゃうんだもん。理由が分からない。顔が怖かったから?スキンヘッドだしね。嫁の裕子に話したら、でかい声出しても全然動じない姿見て、臆したんじゃないかって。たいていでかい声でまくしたてるお客って、少額でも値切ろうとするもんなんだよ。裕子の言うことが当たりだとするならば、原因はやっぱり長年の武道修行のせいだろう。こういう時に役に立つ。実戦を役立てようものなら即、警察だからな。一番はそこ。精神面だ。