日馬富士暴行事件

今、連日話題になってるね。けど、俺にとってはどうでもいいことだ。尤もああいう封建社会には当たり前のことでさ。プロレスの世界にも存在するよ。今はどうか知らないけどさ。ビール瓶でやったかって?レスラーなんかそんな乱闘はよくあったらしいよ。考え方の対立からさ。貴乃花がそこでいろいろ言われてるけどね。俺はあまり好きじゃない。この人は。兄の若乃花と絶縁したけど、兄は相撲の基本がなってない?兄は弟が心配で付き添いで大相撲に入ったんだぞ。弟思いがわかんねぇのかね。それでも横綱になれたんだもん、すごいことだよ。貴乃花はいろいろ問題が多いけど、ボンボンというイメージしかないね。勝たなきゃ意味がないという人だけど、人をたたくことでしかのし上がれないというか、それで勝ち負けにこだわる相撲なんか俺には興味ないことだもん。観たいという気にさせなきゃさ。プロならばそういう魅力がなきゃいけないよ。勝ち負け以前の問題だよ。それは。

う~ん、停滞期

こういうとき、あせって脱却しようとあがいても空振りに終わるんだよね。でも、停滞期がないと伸びることもない。ジャンプするためには一度タメを入れないとね。厄年のヤクも飛躍のヤクだと聞いたことがある。厄年だから何もしない方がいいというのは間違いで、飛躍するための準備期間だというね。計画を練ろう!空振りに終わった企画もあるから、なぜ空振りしたか原因を考えて、次に備える。やってみたい企画もある。これも念入りに下調べをしてみる。今年やってみて成果があった企画もある。これは時期を見てまたやってみようと思う。裕子と会議を開くかな。

ここ最近の俺

仕事も踏んだり蹴ったりなんだよね。金銭的にも回ってこない。そんな時期と言えばそれまでだが、落ち込んじゃうねぇ。患者さんも仕事が終わらないって予約をキャンセルしてしまったりでね。仕事はやっぱり疲れはするけど、スッキリ終わらせたいよね。神様のいたずらか?ていうか神様がその人を試すために苦しませるというのはあるらしいね。ならば踏ん張るしかないでしょう。落ち込まねぇでな。夜遅くまでの仕事で気力もくそもないが、あのロウリュサービスを受けて疲れを取ってから空手の練習をしよう。ストレスを思いっきり発散してな。若いころは暴れたがな。そうするわけにはいかねぇしな(笑い)。

昨日の空手とはなんだろうって。自分の心のよりどころだはと言えるな。

空手とはなんだろう

ホント、これわかんねぇンだよ。若いころならはっきりと「人と人が闘う術だよ」と言い切ってたけどな。そんな単純なものじゃない。健康法にも役に立つ。けど、これがすべてじゃないのも確か。少年部の父兄から言わせれば、競技、スポーツとしてしか見ないだろう。昔の空手家は体を鍛えればいい。それだけだったんだ。そんな話しても誰も信じないだろうな。格闘技としての一面もあるが、これがすべてとなると最終的には強いだの弱いだのでむなしい結果に終わるんだよ。空手を途中でやめていく人に限って、空手とはこういうもんだと言い切っちゃうけど、どれもそんな単純なものじゃないと思って聞いていた。空手の形は動く禅とも言われる。でも、俺はいちいち何も気にしないで稽古しているよ。ただただ好きなんだよ。だからやっているだけでな。今日、指導員候補生の勇唯斗くんが来るからな。聞いてみようかな。こいつは悟るのは早かったな。少年部にいたころから「大会なんかどうでもいい。俺は練習ができればいいんだ」って大会なんか出なくなっちゃったもんな。でも、空手にはいろんな要素があるな。喧嘩にも役に立つ、格闘技にも、健康法にも、禅にも、合気道のような要素もある。まぁ、道場生には空手をどのように役立てるかはその人次第だと考えているからね。

痛みを取るのに陥りがちな点

たとえば姿勢が悪いことで痛みが出てるにしても、良い姿勢になればいいか?これはいいようででまずいんだよ。良い姿勢にこだわってそれで体を固めちゃったらそれで歪みが出て、違うところが痛む。今回裕子がギックリ腰で姿勢を変えようと頑張りすぎちゃってね。かえって違うところが痛むようになった。姿勢はこだわりを入れるのはよくない。普段は姿勢なんぞ気にしなくてもいい。ただし、ちゃんとメンテナンスとして関節をほぐしていく作業が時々必要になるだけの話だ。こういう例は患者さんの中にもいる。歪みも人によって違うけど、その人らしさっていうのがあってね。それを失うのも体には酷なんだよ。

無心という境地というのも同じだ。邪念雑念を振り払おうとしがちだが、その行為そのものが邪念雑念だということ。邪念雑念は受け入れる。普段何気なく何かに没頭している状態が無心であって、自分から無心の状態を作ることはできない。とらわれる必要はないということだ。時々、座禅を組むのもよし、空手の形を行うのもよし。姿勢はこういうのと仕組みは同じなんだよ。たいていの人がはき違えてるからさ。

タクシーでの暴行事件

暴行した人って弁護士さんなんだって!笑っちゃったね。正義のために働く先生がさ。まぁ、誰がやってもおこしくはないけどね。公務員の不祥事なんかは理由が分かる様な気はするけど、やっぱりストレスなのかな。酒飲んでたようには見えなかったというけど、すごいね。あの暴れ方は。携帯までブン投げちゃってさ。でも、運転手自身、何も悪いことはねぇよ。運転手が聞き返してるのにも答えないんだからさ。ああいうことは俺も経験はあるけど、あんなにひどくはなかったな。運転代行の方が酷いお客はいるもんだけど、今でもあんなに暴れちゃうお客っているもんなんだねぇ。俺はあまり我慢しないでお客さんに言っちゃうよ。マナー守れない人をお客なんて思わないもん。昨日も俺はタクシー乗務をやったが、酔っ払った飲み屋のママがあまりにダラダラしてるから、「時間ないんだから急いでよ」ってはっきり言ってやったよ。昔はお客と喧嘩なんてザラだったみたいだね。俺も空手師範ということで、事務所の人には最初心配されたが。空手やってるなんてことはお客に分からなくてもやっていけるからさ。ただ、しいて言えば、暴行受けたこの乗務員さんは弱気になりすぎなような気もするが…。

ディズニーランド

おととい出発。昨日帰ってきた。家族で行ってきてね。俺はあまり気が進まなかったんだけどね。けど、いざ行ってみると娘二人の楽しんでいる姿がよくてね。二人も乗り物に乗れるようになってきたし、まんざらでもなかったよ。次女の臨は小さいジェットコースターに乗って、超はまっちゃってね。長女はダメ。60分待ちだの70分待ちなんて当たり前だからねぇ。でも、全然動かねぇわけじゃないんだ。退屈はしなかった。今回は墓参りもかねてだったから、車の移動がすべてで、結構つかれる旅だった。ディズニーの帰り、ホテルまでの車中、首都高で東京の夜景を見ながらのドライブだった。なんだか別世界。怖いくらいだった。俺ら田舎人丸出しだったけどな。ディズニーもだけど、あの東京の夜景を見に行くのもいいなぁ。また行きたいと思ったよ。

f:id:junwakai:20171111141658j:plain