往診

トラックの運転手が左の腰から足まで痛みとしびれがあり、床に横になったまま動けなくなっていた人がいた。俺の義母の友人に当たる人の旦那さんでね。整形外科に往診に来てもらっていたが、痛み止めの注射と薬のみ。後は安静にとの診断。それで3日が経ってしまったらしい。医師の言うとおり、坐骨神経痛だとは思ったが、安静にというのは間違い。おまけに腰を圧迫するベルトまで装着させて。こんなことをしたら、腰回りが固まって、もっと動けなくなっちゃうよ。腰が固まれば足の痛みやしびれも強くなってしまう。現に腰のベルトが苦しくて嫌だったと言っていた。ここまでひどい人に出会うのは久しぶりだね。でも、汗だくで施術していった。結果、まだ立ち上がれるほどではないが、寝返りなどはできるようになってきた。トラックで丸まった姿勢でいたこと、寝る時も寝台に寝ず、ハンドルに足を乗せて寝ていたらしい。だから長年の積もり積もった姿勢がまだ残ってるのだ。でも、自分自ら動けてからが始まりだ。もうちょっと辛さは残るが頑張ってほしいねぇ。人間は動物。動かずして歪みは取れない。

広告を非表示にする