考えてみると…

藤原組長の関節技セミナーを受けて思ったことは、言われたことが全部、道場生に口酸っぱく言ってることばかりなんだよね。力で攻めすぎで、疲労困憊してしまう事とかね。俺、空手でそんなことはないと思うけど、もしかしたらどこかに力攻めが残ってるのかなぁ。ジャンルが違うからだけならいいが・・。一応もう一度、空手の動きを再確認してみた方がいいかもな。特に組手で。それにしても、ただの格闘技なら、相手に攻めるチャンスなど与えない。日龍さんはプロだった。相手にいいように動かさせておいて逆転!俺とのスパーリングも小さい俺の娘から見れば、「お父さん、強いじゃん」に映るくらいだもん。

広告を非表示にする