武道空手・居合・プロレス

それぞれ共通していることがあるんだよね。闘わないことを目的としているが、いざという時のために常に強さを磨いている点だ。本来の空手は闘うことが目的ではない。居合も人に斬られず人斬らずだ。プロレスも真剣勝負を見せるためのものではない。じゃぁ、弱くてもいいのかといえばそうではないよね。プロレスも練習はガチンコだ。いつトラブルがあるかもしれないからね。空手もむやみに闘ってはいけない。万が一のための護身だ。刀と同じ。抜かないところに価値があるわけだ。俺はこういうものに価値を見出してる。強そうに見せるんじゃなく、普段からただの親父として生きていて、てっとり早い強さの証明などせずにね。わかる人にだけ分かればいいと思ってるよ。うちの道場にもその点はき違えて考えてる人がいる。年配の人だからさ、その点、説明しても分からないんだよなぁ。聞く耳持たないもん。見た目本位ってやつだ。その人から見れば、俺は組手に勝つことばかりを24時間考えてる人間と思ってるんだもん。そんなせせこましい人間に見られるのはちょっと迷惑な話だね。若いうちは強さがすべてだと考えてはいたけどさ。それじゃぁ、ストレス人生だよ。俺にとっては武道こそ癒しだからね。

f:id:junwakai:20170706100946j:plain

f:id:junwakai:20170706101039j:plain

広告を非表示にする