読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

治療室兼道場

昔の武道の先生は治療もできるのが普通だった。今は競技化が進んで、武道を一面的にしか見ない先生が多くなったのが治療ができない先生の存在が当たり前にしてしまってるのかも。俺は若いころ、日本空手道無門会で半死半生の目にあって、それが困ってる人を助けられればという気持ちにつながった。俺にとっちゃぁ武道も治療も一つだ。空手も一度、原点に戻った方がいいと思ってるよ。そうやって普及させ、オリンピックはその後でもいいんじゃねぇかなって考える。その方が競技としての空手に武道としての空手は役立てられる。武道は健康法でもあり、護身術でもあるんだ。大会の強さのみが空手ではない。言っておくけど、道場生にけが人が多いから治療室をやってるのではないゾ。それでは指導者失格だ。

f:id:junwakai:20170427101619j:plain

f:id:junwakai:20170405125240j:plain