読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実戦空手から健康空手への取り組み

一番は時代に変化に対応せざるを得なかったからだけど、空手の実戦性を追求していったら健康に役立つことが分かったというべきかな。実戦では重要である無駄な動きを排除していったんだよ。一般素人に空手は力だとかいわれるけど、逆に力を抜く作業だってことが分かった。でも、空手を習ったこともない人にやらせてみたって、どうしても力が入ってしまう。このままでは高齢者にはこなせない。基本の基本を砕いて、簡単な動きを意識させる作業から始まった。そうしたら高齢者で空手の経験がなくても少しずつ上達させることが可能になった。ちょっとばかり空手をかじった人間が健康空手なんて聞くと、じいさんばあさん、女子供でもできる軟弱空手なんて思われるんだろうね。でも、それは基本がわかってない人が言う言葉だ。逆に俺から見れば、誰でもできることが出来ないやつとしか見ていないよ。少年部のふうが君にはその実戦性を教えている。

f:id:junwakai:20170302110502j:plain

f:id:junwakai:20170419120844j:plain